看板です HOME 会社の紹介  新製品
経営理念 商品販売 ぶらり
お問合せ 更新記録 ブログ
恵の会 プレゼント お料理
リンク メルマガ会員募集中
お電話でのご注文は 0120-546-092 へどうぞ  ファックス注文書はこちらです  送料の案内  支払方法 地図

都城ぶらり 霧島神宮
天照大神は、
孫であるニニギノミコトに、
高天原から降りて
この国を治めよと
命令しました。
1715年(中御門天皇、正徳5年)
時の藩主島津吉貴公の
寄進によって建てられたのが
現在の御社殿です。
ニニギノミコトは
三種の神器を譲り受け
七人のお供の神と
一人の道案内
(猿田彦命)の神と共に
高千穂の峰に降りたのでした。
ココの特徴は
広い敷地と樹齢何百年という
巨木に守られた
緑豊な境内です
後には高千穂を従えます
これが天孫降臨の神話の由来です。
このニニギノミコトを祀ったのが
霧島神宮で6世紀に
造られたのが始まりです。
絢爛たる朱塗の
本殿、拝殿、登廊下、勅使殿等は、
その配置も妙を得て
壮大で壮麗な美しさを醸し出します
霧島山の大噴火による
火災などで
数回焼失していましたが
四季の移り変わりで
木々の色も変わり
季節感を感じますが
このご神木は英々と
鎮座しています
 早川しょうゆみそのホームへ 都城ぶらりのトップへ